視力いい人は老眼になりやすい?サプリメントで対策中。

もともと視力のいい人は老眼になるのが早いとよく言われますが、あまり関係ないように思います。

むしろ、逆なのでは?と思うこともしばしば。とういううのも私が明らかに老眼でついにサプリメントをはじめるに至ったからです。因みにですが、多少は効果を感じています。

 

もともと裸眼の方々は、結構老眼になるのが遅くて、だいたい定年間際くらいに老眼鏡をかけ始めています。

 

むしろ一番早く老眼鏡のお世話になっているのが、長年コンタクトを愛用してきた方々。

 

やはりコンタクトは目を傷つけてしまうのでしょうか?なぜか老眼になるのも早い気がします。

 

また、もともと眼鏡の方々はさりげな?く老眼鏡に移行したり、併用したりしているため、正直いつから老眼鏡になったのか、よくわからないことがあります。

 

そういえば、前に見た漫画に、100円均一で初めの老眼鏡を購入して、老眼かどうか確かめているシーンがありましたが、100円均一でも老眼鏡は売っているということですね。

それくらい、誰もが通る道ということで、需要もあるということなのでしょう。

 

さて、私も最近目が少し見えづらくなってまいりました。老眼なのか、疲れ目か…、やはり老眼は認めたくない部分もありますね。

今飲んでいる老眼のサプリメントもう少し効果的になってくれることを祈りつつ老眼のサプリメントを続けていきたいと思います。

そういえば、老眼自体は劇的に改善されたという事ではないですが、疲れ目にはなりにくくなりました。やっぱり栄養って大事ですね。

おばあちゃんの老眼が心配。

私のおばあちゃんは、片目が老眼でもう片目は白内障です。ずっと視界が見えづらい状態で暮らしています。

しかし母から聞いたのですが、最近おばあちゃんは外で段差が低い所でもよくこけたり自転車でもふらふらしながら乗ってるらしいのです。

なのでしつこく歩くようにとは母が言っているのですが、なかなか聞かないみたいです。

私は昔のおばあちゃんの行動しか知らないので、それを聞いてびっくりしました。

老眼で物が見えづらくなっている上に白内障もあるおばあちゃん。

 

いつか外出中に事故にあったらどうしようと心配になります。70を越えているので、尚更不安になります。

また、目の老化は脳の老化を引き起こしてしまう場合もあるそうです。

物が見えづらくなると、その内物覚えが悪くなり認知症になってしまうリスクもあると聞き、治す事は出来なくても予防は出来ると思いたいです。

最近、老眼回復トレーニングと言う目を鍛える方法があるみたいなので今度おばあちゃんに教えてあげようと思います。

老眼サプリメントの善し悪しは何で決まる?

老眼のサプリメントの善し悪しは何で決まると思いますか?

老眼に良い成分としては、ブルーベリーエキスが有名ですね。アントシアニンが入っているから。

それにビタミンAやビタミンCなんかも老眼対策としては大切な成分だと言われています。

ですが、あれも良いこの栄養も良い、そう言われると結局何が良いのか分からなくなる事はないでしょうか?

実は、老眼サプリメントに含まれている栄養素というのはそれほど違いがないケースがほとんどです。

同じような成分が入っているんですね。要するに。

 

ですが、実際にそのサプリメントを飲んでみても、実感できるかどうかにはわりと違いがあるんですが、その理由はどの成分をどれとどれだけ組み合わせているか?という栄養の設計図によって違ってくるんですよ。

 

だから、老眼サプリメントを選ぶのであれば、実証実験かなにかをして、実感できる事を確認されたものを選ぶのがベストです。

 

そしたら、間違いなく選べますから。

ただ単にルテインがたくさん入っていたら良いとか、アントシアニンがたくさん入っていたら良いとかっていう問題ではないんですね。

旦那が老眼にならないか心配だからサプリメントを

私の旦那は、仕事上小さなノートパソコンで仕事をします。

 

ノートパソコンなので小さな文字や色違いの文字とにらめっこしてる状態でいつもメガネをしています。

 

視力も悪く、メガネを外せば何も見えないらしいです。

 

将来、老眼になってしまわないか心配になります。

 

老眼とは加齢による生理現象と聞きますが、人によったら細かな手作業をする人やパソコンで作業する人など早くから老眼に気付くと聞きました。

 

若い頃からパソコンで仕事をしているのと、最近では激務らしいので旦那の目が大丈夫か気になります。

 

幼い子供もいるのに、老眼になってしまったら治す事も出来ません。なってしまえば、最後には老眼鏡しかないです。

 

仕事柄仕方ないのですが、最近では目が疲れる事が増え、肩こりや頭痛も頻繁にあります。

 

老眼からくる症状もあるみたいなので、どうすれば老眼対策が出来るのかわからず途方にくれる私です。

 

それにまだ30代の旦那。早いうちから老眼にならないようにしないとだめだなと思うけど何も出来ない私に嫌気がさします。

 

そこで、せめて栄養面だけでも力になれたらと思って、今旦那に老眼対策用のサプリメントを飲んでもらうようにしています。

 

老眼対策に良いサプリメントとしては、アスタキンサンチンやアントシアニン、それにビタミンCやビタミンAなどが入っているサプリメントが良いんだそうですが、先日薬局に行き、とりあえず良さそうなモノを選んで飲んでもらっています。

 

 

老眼サプリメントの効果は人によって違いがある?

老眼サプリメントにはファンケルの「えんきん」やさくらの森の「めなり」などが人気があるみたいですが、これらの老眼を改善してくれると言われているサプリメントには効果を感じられる場合とそうで無い場合が結構あると思います。

口コミサイトや楽天やアマゾンのレビューを見ていてそう思ったんですが、これはその人の体質的な問題もあると思いますが、個人的には日頃の食生活や生活習慣も大きく関係しているのではないかと思うんですね。

食生活に関しては、仮に体全体に必要な栄養が足りていない場合、老眼のサプリメントを飲んだとしても、それが老眼の改善に使われるかどうかについてはかなり疑わしいところだと思います。

というのも、もし体全体に必要な栄養が足りないとしたら、老眼のサプリメントで摂取した栄養はまずは、体の臓器など、人が生命を維持していくために必要な場所に使われるのがセオリーだからです。

目も大切な臓器の一つだと言えますが、心臓や腎臓に比べれば生命維持という点からすれば、優先順位は低いと言っても良いと思います。つまり何が言いたいか?というと、老眼のサプリメントを飲んでその栄養が老眼対策に使われるためには、日頃の食生活においてもバランスのとれた栄養を摂取できている、健康に必要な栄養が摂取できている事が条件になってくると思うんですね。

だから、もし老眼のサプリメントを飲むのであれば、まずは普段の食生活の中で必要な栄養をちゃんと摂っていきましょう、っていうのが大前提になってくると思うんです。

それと生活習慣もまた老眼については非常に重要になってきます。

生活習慣の中でも特に睡眠に関しては、老眼と深い関わりがあるのではないかと思っているんですね。

人は寝ている間に成長ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されることでか疲れを癒やしたり、日中に受けた体のダメージを回復させますが、睡眠の質が悪かったり、時間が不足したりすると、十分に成長ホルモンが分泌されず、体の疲れやダメージを回復させることができません。

これは言い換えると、老眼のサプリメントで摂取した栄養を効果的に使われていない状態だと言えます。

全く意味がないとまではいかないですが、せっかく摂取した老眼サプリメントの栄養が十分に活用されていないと、思った程に実感ができなくなる場合もでてきてしまいます。

老眼のサプリメントはたいていはどれも目によい栄養成分、もっと言えば老眼に良い抗酸化作用のある成分が十分に摂取できるものがほとんどです。

ですが、その抗酸化作用のある目に良い栄養が十分に活用されなければ、老眼を改善する事はできません。

今後、もし老眼のサプリメントを購入する予定があるのであれば、同時に食生活と生活習慣(特に睡眠)を一度見直した方が良い部分はないかを振り返ってみることをおすすめしますよ。

老眼のサプリメントは短期間で効果がでる場合も

老眼のサプリメントの効果については賛否両論があると思います。

そんないろんな意見があるなかで、老眼のサプリメントを飲んだらすぐに効果を感じる事ができましたっていう意見が時々あるのを知っていますか?

基本的には老眼は毛様体筋が緊張しっぱなしの状態が続くことによってピントが合わない症状のことを言いますが、老眼のサプリメントを飲んでわりとすぐに効果を感じられたという時は、眼精疲労の症状も混じっていると考えられます。

毛様体筋は年齢によって伸縮性がなくなる場合もありますが、年齢とはまた別のところ、つまり疲労によっても伸縮性が低下する場合があります。

自分の場合はどっちなんだろう?と思われる人がでてくると思いますが、そこは実は非常に難しいところです。お医者さんでもはっきりと断言できる人はいないのではないかと思います。

ですが、逆にいえば、そこに悩むのであれば一度老眼サプリメントを試してみた方が早い、とも言えると思うんですね。

だから、悩んでいるのであれば試してしまった方が良いのでは?と個人的には思いますよ。

老眼のサプリメントは意外に良いと思う。

私は52歳になる主婦です。

高校に入った頃から急に視力が落ち、それからメガネ、コンタクトレンズを使用してきました。

今は中度の老眼鏡を使っています。

目元が見えにくくなったのは今から5年くらい前のことです。

本を読むときに、メガネを外した方がよく見えました。

しかしメガネなしで本を読むと、あまりにも近い位置で読まなければならないため、非常に疲れました。

本も持つと重いのです。

メガネ屋さんに行き目を見てもらったところ、軽度の老眼だと言われました。

お値段は普通の近視メガネに比べてとても高いものでした。

いいものになると薄く、軽いです。

メガネも一日中使っていると目が痛く負担があるため、高くてもいいものを買いました。

メガネ屋さんが言うには、2~3年ごとにレンズを換えなければならなくなると言われ、年をとるとこういうところでもお金がかかるのかとため息が出ました。

今もそろそろ換え時な気がします。

遠くが見えにくくなりました。

周囲には白内障、緑内障などの病気にかかる人たちも多く、目のトラブルは生活に大きく影響するので、お金がかかっても仕方がないとあきらめています。

それで、どうせお金がかかるのであればと思って、老眼のサプリメントを今飲み始めています。

アントシアニンやアスタキサンチンなど、老化に対して効果があると言われている成分がたくさん入ったサプリメントです。

今のところまだ老眼に対して効果はないですが、体全体の体調がよくなってきているので、続けていくと目にも良いんだろうなって、ちょっと確信めいたものがあります。

サプリメントは正直最初は敬遠していたんですが、意外と良いものだと思うようになってきました。

目に自信をなくし、老眼のサプリメントを考えていく事になりそう。

目には自信があったのですが、最近は、自信がなくなってきました。

 

(ですので、一応老眼の良いと言われているサプリメントを飲んで増す。)

 

何故かというと、車の運転をするのに、大きな青い看板が、見にくくなってきたからです。

 

野球をやっていた関係で、外野手では、裸眼では、ボールが見えにくいからでした。

 

それに乱視も重なっているのですが、一時遠近両用と言うのを使ったことがあるのですが、大変なので、やめてしまいました。

 

最近はパソコンを使うことが多くなり、余計に目への負担が増しています。

 

パソコン用のメガネを作ればよいのでしょうけれど、なかなか時間と費用がありません。今は、確実に、老眼が進んでいることは確かです。

 

確かに年も進んでいますが。それでも、もう少し、このパソコンの仕事を続けなければならないので、頑張りますと言いますが、どのように頑張ればよいのでしょう。

 

パソコンの時にはメガネはなくても良いのですが、メガネは今のところ、車の運転の時だけです。

老眼のサプリメントは効くものと効かないものがあるんだそうですが、それは成分だけの問題ではないみたいですね。

 

老眼のサプリメントについてちょっと考えていきたいと思います。