友達が老眼の診断され、対策にサプリメントを。

最近、友人と会食する機会があり、「私、最近眼科に行ってきた」と友人が打ち明けてきた。

 

私は、彼女が眼科に行ったと聞いた時点でびっくりする。

 

なんせ、彼女とは高校時代からの同級生だけれど、その頃から視力は自慢で、高校の3年間、2・0を守ってきたからだ。

その後も彼女の視力は落ちることがなく、その瞳は今も大きくてぱっちりしている。

ところが、その自慢だった視力に異変が起きたようで、なんだか物が見づらくなり、気になったことと、花粉症によるかゆみも抑制したくて眼科を受診したところ、「老眼ですね!」とあけすけに言われたとのことだった。

 

彼女のショックは「老眼」と言われたことだけでなく、待合室に並ぶ人にも聞こえるくらいの大きな声で「老眼」と言われたことだったらしい。

「あんなに大きな声でいうこと、ないよねー!」と、私に同意を求めてきたのだけど、聞いていて、彼女の視力の低下を気の毒に思い、聞いていた私は思わず「そっちかい!」と突っ込みを入れたくなった。

しかし、人事ではない。彼女よりも視力は低い私なんぞは、とっくに見づらい状況なのだ。そして「老化は目からくる」と、改めて実感している昨今である。

視力が悪くても老眼にはなりますからね。

「近視だと老眼にならない」は誤解? 知られざる老眼の仕組みに迫る! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

彼女はどうやら老眼のサプリメントを今は飲んでいるようで、まだ効果を感じたわけではないけれど、老化を抑制する成分を摂ることには必要性を感じているようです。

私自身も老眼のサプリメントの話を聞き、つい先日ドラッグストアで某有名企業の老眼のサプリメントを買いました。私の場合ははまだピントが合わなくなる老眼の症状ではないですが、いずれそうなると思うので、予防的にですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です